春のまなび場・あそび場

3月24日~27日、奉還町TERACO春季無料体験に合わせ、教職を目指す大学生企画による「春のまなび場・あそび場」を行いました。

コロナ休校により、学校に行けなくなってもうすぐ1カ月。オフラインの集いの場を大学生が提供します。

やることは基本自由。私の教育方針である「みんないっしょに違うことをする」に基づき、入学予定の高校からの課題をする新高1生、学校で実施されず持ち帰りになったテストをする小学生、留学生といっしょに英語を勉強する小学生、息抜きに近所の公園でなわとびしたり鉄棒したり。

中学生は商店街のアーケードにスクリーン立てて大画面でゲームして、近所のお年寄りもおも「賑やかでええの~」とニッコリ。

「勉強しなさい、いい点を取りなさい」と言っても「勉強をするフリ」をして終わりです。学びに向かう力の養成は「自分の好きなことをとことんさせる」ことにあると思っています。好きなことを極めようとすると、子どもは自然と「学ばなければいけないこと」を見つけます。しかし、大人には子どもが「必要とする学び」を見つける瞬間に気づけない。大人の経験則とくに成功体験が目くらましになっているんですね。

教室に10人の子どもがいれば10通りの学びの欲求、ゴール、ゴールに向かうための道があります。ゴール到達のスピードも当然10通り。


マスコミのみなさまにも興味を持っていただき、

山陽新聞、読売新聞、瀬戸内海放送、テレビせとうち、岡山放送、oniビジョンに取材いただきました。


奉還町TERACO

「お金と上手につきあえる人は学力も上がる」をコンセプトに「お金の教室」「学力の教室」の2つのプログラムにより進路選択を主体的に考え、目標達成のために努力する姿勢が身につく学習塾。岡山市北区奉還町3丁目「SGSG」に教室開設。

0コメント

  • 1000 / 1000