大阪と遠隔授業「見えない誰かと政治」

学習塾「奉還町TERACO」探究の時間、今回は大阪とZOOMで繋ぎました。テーマは「コロナから考える「見えない誰かと政治」」。講師は、岡山大学大学院修士課程1年の 別木 萌果 さん。

たまには野村とは少し違った視点での問題提起、中学2年から高校3年までの受講生はそれぞれの立場で考えを深めました。

「見えない困っている人」のニーズに応えることは政治の大切な役割。では、意識しないと困っている人が「見えない」のはなぜなのか。

自身が「見えない困っている人」を目の前にしたとき、何ができるのか。

正解はありませんが、それぞれの考えを深める思考トレーニングをしました。



奉還町TERACO

「みんないっしょに違うことを学ぶ」-塾生に個別最適化されたプログラムによる「基礎」「探究」「個別」の3つのコースでそれぞれのゴールを目指す学習塾。岡山市北区奉還町3丁目「SGSG」に教室開設。

0コメント

  • 1000 / 1000